MANNERS

冠婚葬祭のマナー

知っておきたい哀しみの場の装い

知っておきたい哀しみの場の装い

哀しみの席では式典・場所・立場に応じて正喪服・準喪服・略喪服の装いがあります。
今回はこのブラックフォーマルの基礎となる3つの違いについてまとめます。

 

正喪服

公式の葬儀、一周忌までの法要などの場合に、喪主・親族・近親者・主となる立場の方などが着用します。

スタイル

ワンピース・アンサンブル

個人の場合

主催者/本人…葬儀・告別式 お別れの会 偲ぶ会

企業・公人の場合

主催者/本人…社葬 公葬
参列者…社葬 公葬

POINT

素材は季節を問わず光沢のない、透けない素材で色は黒に限る。肌を露出させないデザインのワンピース、アンサンブル、スーツ。スカート丈は長めのひざ丈からくるぶし丈。つまった襟元と長袖が原則です。夏は袖丈が6~7分丈でも良いとされています。トーク帽を着用する場合は必ず手袋が必要です。

 

準喪服

一般的な葬儀、告別式、通夜、一周忌までの法要などに着用。参列者は喪主よりも一段格を落とした服装にする心遣いが必要で、ほとんどの葬儀で準喪服が着用されます。

スタイル

ワンピース・アンサンブル・スーツ・パンツスタイル

個人の場合

主催者/本人…生前葬 通夜 葬儀・告別式 家族葬・密葬 法要・法事 一周忌 三回忌 お別れの会 偲ぶ会

参列者…通夜 葬儀・告別式 家族葬・密葬 法要・法事 一周忌 三回忌 お別れの会 偲ぶ会 平服指定

企業・公人の場合

主催者/本人…社葬 通夜 葬儀・告別式 法要・法事 一周忌 三回忌 お別れの会 偲ぶ会

参列者…社葬 通夜 葬儀・告別式 法要・法事 一周忌 三回忌 お別れの会 偲ぶ会 平服指定

POINT

正喪服に準じたデザイン。色は黒を原則とし、派手にならない程度であれば部分的なレース使いや、その時々の流行を取り入れることも可能です。スカート丈はひざ丈からふくらはぎ丈。

略喪服

急な弔問、通夜、三回忌以降の法事、葬儀後に時間を置いて、故人宅を訪ねる時などに着用します。

スタイル

スーツ・パンツスーツ

個人の場合

参列者…生前葬 弔問・通夜 法要・法事 お別れの会 偲ぶ会 平服指定

企業・公人の場合

参列者…社生前葬 弔問・通夜 法要・法事 お別れの会 偲ぶ会 平服指定

POINT

色は黒に限らず、グレーや紺などの地味な色目も可能。無地感覚であれば織り柄やチェック、ストライプも良いとされています。パンツスーツでも良い。ノースリーブ、フリルのたくさんついたものや襟ぐりが広いデザインは避けます。葬儀お手伝いの場合はブラウスとスカートでもよいとされています。

 

CONTACT

お問い合わせ

フォーマルマナー、商品についてなど
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
03-5495-1911
受付時間: 平日10:00〜16:00 ※土日のお問い合わせは各店舗までお願いいたします。
メールでのお問い合わせ

※お問い合わせいただいたお時間によっては
すぐにご返事しかねる場合がございます

オンラインストア

ONLINE STORE
  • TOKYO IGIN ONLINE TORE
  • 楽天ファッション
  • ANNA SUI CEREMONY
  • STRIPE DEPARTMENT