MAINTENANCE

衣類の
お手入れ方法

シルク

シルク

シルクは真珠のような独特な光沢と色彩の美しさがあり、しなやかなドレープ感と着心地の良さが優れ、「繊維の女王」と呼ばれております。

さらに、保湿性・吸湿性・放湿性などの機能性にも優れ、夏は汗を吸収し、排出して湿度を調整して涼しく、冬は体温と外気の温度差により空気層が 断熱効果を作り暖かくしてくれます。

繊細なシルクのお手入れは下記の方法により、しなやかな風合いと、上品な光沢を長持ちさせる事ができます。

 

手入れの仕方

1. 湿気は衣類にカビが生えたり、変色させる原因になります。外出から帰ったらハンガーに掛けて通気性のよいところに収納して下さい。

2. ほこりを払う時は、ビロードなどの柔らかい布で優しく払い落として下さい。ほとんどのシミは中性洗剤と水で落とすことができますが、 原液のままで使用することは避けて下さい。油性のシミなどもベンジンで落とすことができますが、専門家に任せたほうが安心できます。

3. 洋服はハンガーに掛けて収納します。重ねすぎは生地を痛めますので、余裕をもたせて下さい。防虫剤は衣料に直接触れることのないよう、吊るして使用するか、和紙などで包んで下さい。また種類の異なる防虫剤は同時に使用しないで下さい。

4. 年に一・二度は、湿気を払うため、また害虫がついていないかなどの点検のため、日陰に干して風を通して下さい。

 

洗濯の仕方

1. シルク製品は、原則として信用のあるクリーニング店にクリーニングを依頼して下さい。

2. 家庭で洗濯をする場合は、必ず製品についている絵表示に従い、次のポイントを守って下さい。

① 30℃のぬるま湯で、中性洗剤を使って優しく振り洗いか押し洗いをします。すすぎはかるく二回程度です。

塩化系漂白剤は絶対に使用しないで下さい。

③脱水は、タオルなどに挟んで水分を取って下さい。手で絞る場合は弱く、脱水機を利用する場合はネットを使用し水がしたたり落ちない程度に絞ると良いでしょう。強く絞ったり脱水機を強くかけることは厳禁です。

④直射日光に干すことは黄ばみの原因になります。ワンピースやブラウスなどを干す場合は、ハンガーなどにかけて形を整え、必ず日陰干しにして下さい。

⑤アイロンは当て布をして、120℃~130℃程度の中温で軽くかけて下さい。

CONTACT

お問い合わせ

フォーマルマナー、商品についてなど
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
03-5495-1911
受付時間: 平日10:00〜16:00 ※土日のお問い合わせは各店舗までお願いいたします。
メールでのお問い合わせ

※お問い合わせいただいたお時間によっては
すぐにご返事しかねる場合がございます

オンラインストア

ONLINE STORE
  • TOKYO IGIN ONLINE TORE
  • 楽天ファッション
  • ANNA SUI CEREMONY
  • STRIPE DEPARTMENT